生物の進化に学ぶ 乳幼児期の子育て

2007年8月刊行

好評のロングセラー 故斎藤公子先生の最後の著作!

  • 生物の進化に学ぶ 乳幼児期の子育て
  • [著] 斎藤公子
  • 発売日:2007/08
  • ISBN:978-4-7803-0111-3
  • C-CODE:C0037
  • 本のサイズ:4/6版・並製
  • ページ数:本文224頁・カラーグラビア8頁
  • 発行:Kフリーダム社
  • 発売:かもがわ出版
  • 価格:税込み 1,944円

◎内容紹介

「早期(英才)教育」は失敗のもと。あせらずに「あとあとよくなる子育て」を。

健康なからだ・優しい心・かしこい頭脳をどう育てるか!?さくら・さくらんぼ保育園創設者の保育実践の新たな到達点と真髄。

◎目次

序 文 小泉英明

  • 「斎藤公子の保育実践にみる、乳幼児の脳の素晴らしい発達」

第一章 親にできること - 斎藤公子への質問に応えて

  • 早期英才教育について
  • 「おねしょ」と子どもごころ
  • 子どもにふさわしい衣服とは
  • 母乳・食事と子どもの健康
  • テレビ・ビデオ・ゲームの影響
  • 子どもにとってよいおもちゃとは
  • 障害児との統合保育から学ぶ

第二章 子どもの発達の可能性は果てしない

  • リズム運動と絵にみる子どもの発達可能性
  • 胎児からの子育て・0才児の子育て
  • 手足の指と脳の発達について
  • 一才から二才の子育て - 瞬間模倣力の強い時期
  • 三才児からの子育て - 自己主張・反抗・知性
  • 乳幼児の“絵”が語るもの -「自分で!」を大切に

第三章 幼少期の私の育ちに影響を与えた父と母

  • 母の語り聞かせ
  • 褒めて育ててくれた父・母
  • 家族での知的な〝だんらん〟
  • “遊ぶがまま”の私の子育て
  • 保育者として生き、学ぶ日々に
  • 父から受けた工芸、美術の影響
  • 最後まで教育者だった母

ご注文はこちらから(送料無料)

▲ ページの先頭へ戻る